幼児教室+小学校受験+私立小学校受験

0歳児~3歳児のお父様、お母様へ

・ 家庭教育こそが、子どもの基礎を築きます

町に出れば、「えっ?この二人がこの子の両親なの?」と、さまざまな意味で、かなり驚いてしまうような家族も頻繁に見受けられる時代になりました。ひと時代前であれば、結婚することも、親になることも、かなりの覚悟を持って成される一大事でしたが、今では、成り行きで結婚する、結果的に親になった・・・のようなことも少なくありません。こんな時代の中で、家庭や親は完全に二分化されました。
「わが子の教育に高い関心を持ち、子育てをする親」
「わが子の教育に深い思いやこだわりを持たない親」です。
私はもちろん、前者の親と長年関わってきました。そして、教育に深い関心を寄せ、高い意識を持って子育てをする親達の「強い思い」に接してきたのです。
しかし、どんなにご両親がわが子に思い入れを持ち、小学校からの教育環境を私立という、さまざまな意味でもレベルの高い学校教育を求められたとしても・・・教室に通ってする受験のための準備は2年間で十分、と考えています。

私は、その考えに基づき、「年中児クラス」と「年長児クラス」の2つのコースのみを開講しています。
もちろん、実際には、早い時期から私立小学校受験を考える1歳児、2歳児、3歳児をお持ちのご両親から、たくさんのお問い合わせをいただいています。
「年少児クラスはありませんよ。」
「お教室に通っていただくのは、長くても2年間で十分ですよ。」
とお答えするたびに、お問い合わせをくださった方々は、必ずこうおっしゃいます。
「せっかく、早くに思い立ったのですから、前倒しで準備を始めることはできないのですか?少しでも早くから始めたほうが、子どもにとっても有益なのではないのですか?」と。

こういうご両親の思いにしっかりとお応えする必要性を感じ、別サイトを用意いたしましたので、「どんな準備をすれば良いのか?」に関しては、是非、そちらのサイトをご覧ください。
0歳からの小学校受験



・0歳~3歳児の親が、認識しておくべきこと


ここ数年、子どもの教育に高い意識を持つご両親には、大きく分けて2つのタイプがあります。

1.子どもの自主性を尊重する親
こういうご両親は、「子どもの意志を大切にする」をスローガンに子育てをし、子どもが幼い頃から、親から何かを与えたり、強制したりすることなく、ひたすら、「子どものしたことをさせる」ということに徹して、子どもに接しています。
確かに、相手が誰であっても、意志を尊重する、ということは非常に尊いことです。しかし、一見とても素敵なことに思えるこの教育方針は、一つ間違うと、「野放し状態」を作ってしまいます。
まだまだ子どもは未熟で、自分の意志はあっても、それに対する判断力もありませんし、社会性も備わっていません。要するに、子どもの世界は極々狭いものです。  例えば、子どもの知っている遊び、子どもの知っている知識、子どもの知っている習慣が、AとBとCという3つしかなかったとしたら?
子どもの自主性に任せてしまうと、その子は、常にこの3つのことをグルグルとローテーションやっていくしかありません。そしてもし、D、Eという新しいものを会得したとしても、そのDとEは、果たして道徳的に良いものであるのかどうかもわからないのです。
良くも悪くも、最も自分にとって身近な両親という存在から、様々な多くの新しいチャンス、刺激、働きかけがなければ、こういう子ども達は、狭い狭い世界の中の大将・・・自己中心的で、自分勝手で社会性の育っていない子どもになってしまう危険性が大きいのです。

2.子どもに知識をシャワーのように与え、知育教育に熱心な親

「早期教育信奉者」であるご両親は、子どもが幼い頃から、国際人としての外国語教育、芸術をはじめとする情緒教育、英才教育的な知育雑誌の定期購読や教室通い・・・など、優秀な子どもを育てるためのあの手この手を考え、その機会を与えます。  子どもの脳は柔らかく、どんなことにも反応し、きっとそれなりの成果は必ずあるはずです。それらのすべては、決してマイナスになることはありません。
しかし、間違ってはいけないことは、人の賢さとは、知識量ではない、ということです。 たとえば・・・
* 「ほし」を英語で「star」ということを知っていること。
* 「いるかは魚ではなく、哺乳類である」ということを知っていること確かに、幼いわが子がそれをとくとくとして披露してくれると、親とは嬉しいものです。けれど、それを知っているということが、その子の「偉さ、賢さ」ではない、ということを、親は認識していなければなりません。
もちろん、「star」という音を発音し、それを音として覚え、記憶することはすばらしいことです。でも、それ以上のものではありません。
0歳児、1歳児、2歳児の頃は、「ほし」という音を覚え、空で瞬く星を見たら、それが「星」であることを認識し、「ほし(おほしさま)!」と表現できるようになることが一番です。
そして、その次には、親子の生活の中で、星にまつわる昔ばなしを知ったり、夜になったら見えて、昼間は見えない星を不思議だなあ・・・と感じる心を育てたり、七夕のお飾りを一緒に作っておりひめ様やひこぼし様のお話をしたり・・・と、「star」を覚えるよりも、もっともっと、連鎖してひろがっていく素敵な世界があるのです。そういう世界を広げてあげるのは、親の役目であり、知育教室ではありません。
今の子ども達は、一様に知識は豊富です。実際に見たり触れたりしなくても、家に居ながらにして「知っている気分」にさせてくれるインターネットのような便利なツールもありますから。
  けれど、5,6年前から、子ども達の想像力の乏しさ、連想していく力の貧困さは、本当に情けない思いになるほど酷いもの・・・なんですよ。

・ 子どもの「人間力の基礎」を築く

「三つ子の魂、百まで」という諺がありますね。「雀、百まで踊り忘れず」というのもあります。昔から、語り継がれていることは、まさに正しい、そう思います。
知育も大切です。幼い頃の知育は、記憶の部分を育てるというよりは、頭の体操をしているようなもので、脳のさまざまな部分を刺激し、成長を促していきます。しかし、そのつど考えるのではなく、数をこなすことによって「慣れて」いき、習熟度が高くなったように錯覚していると、その子の本当の考える力は育ってはいかないでしょう。
 つまり、知育教育をするのであれば、たくさんの量をさせることで親が自己満足するのではなく、本当の意味での知育、「知ることの喜び、考える楽しさ、聞くことの大切さ」を学んで欲しいと思います。決して「知識コレクター」にならないこと、ですね。

さあ、これが結論です。
 家庭生活を大切にし、日々を「親子での学びの場」としてください。潤いのある生活の中で、豊かな人間性が育まれます。四季のある日本という国に生まれたことに感謝し、季節折々の行事や自然の恵みを楽しみ、たくさん話し、たくさん感じ、たくさん学んでください。
 脳の刺激となる適度の知育教育からは、学ぶ楽しさ、知ることの喜び、がんばって取り組むことの大切さを教え、達成感を味わわせてあげましょう。
こういう真っ当な家庭生活こそが、子どもの「人間力の基礎、基盤」になります。確固とした基盤があるからこそ、その上に立派な建物が建つのです。基礎を築くのは、親の役目です。

どうぞ、将来のために、楽しんで他の項目もご覧ください。小学校受験がどういうものであるか?ということを、しっかりとご理解いただけることと思います。
そして、お子さんが年少児としての生活に慣れられた頃に、幼児教室マナーズにご連絡ください。みなさまのお子様とお目にかかれる日を、楽しみにしております!!

賢い子どもを育てるヒント満載!
まどか先生が送る、ママ達へのエールです!

Content on this page requires a newer version of Adobe Flash Player.

Get Adobe Flash player


新しいサイト、誕生しました!!まどか先生の小学校受験・中学受験相談室