教育相談, 育児相談, 幼児教育

そもそも、私立小学校って何ですか?

・ 私立小学校は、「環境」です

日本では、子どもが就学年齢に達すると、地域の市町村から就学通知が家庭に届きます。 簡単に言えば、公立の小学校とは、就学年齢に達した子ども達が、同じ地域に住む子ども達と一緒に学ぶところです。
そして、そこで教える先生方も、同じく地域の行政機関から配属され、定期的に配置転換があります。これが、極簡素化した公立小学校のしくみ、です。
一方、私立の小学校とは、居住地域の指定された小学校に通う権利を放棄し、その上で、自らの希望によって、地域には関係なく、学ぶ学校を選択し、許可されてから入学する学舎です。
言い換えれば、私立小学校とは、自分の居住地域に関係なく、たとえそこが遠くても、「是非、この学校で学ばせたい」という強い希望を持った家庭の子弟が集まる教育環境です。
同時に、そこで教える先生方も、公的機関には関係なく、「是非この学校で教えたい」という意志を持ってそこに集まり、教鞭を取り、大抵が定年までの長い年月、教師生活を送ります。
このように定義してみると、同じ小学校でありながら、この2つの種類の違う学び舎には、根本的な違いがある亊をあらためて実感していただけるでしょう。

私立小学校とは、学業を修める場である以上に、敢えてそこに通う事を希望した子ども達が、一日の大半を過ごす「環境」であり、長い年月の間には、保護者でさえも、それぞれの学校のカラー、雰囲気が身に備わっていきます。
文部科学省が決定する各学年の指導要領を最低限守りながらも、実際には、私立小学校の教職員、理事会等によって決定された方針を守りながら、そこでは、それぞれの特色を出した初等教育が行われています。
たとえば・・・
* 昨今の外国語教育熱の高まりからではなく、もう何十年も前から外国語教育に力を入れている学校
* ほとんど市販の教科書は使わず、先生方の手作りプリントで学習を進めている学校
* 体力作りのためにと年中温水プールでの体育の授業を実施している学校
* 道徳の時間のかわりに「宗教」の時間を持っている学校
* 校外学習に力を入れ、頻繁に学校外での研修的な授業を行う学校 etc. 
このように、私立の小学校は、様々な特色を備えているのです。

まだまだ、やわらかい頭と心を持った子供達が過ごす小学校は、子どもの人格形成の上に、大きく影響していきます。そのことをしっかりと親が理解していれば、そこで「勉強をする」ということ以上に、わが子が「どんな子ども達と」「どんな先生方に囲まれて」「どういう雰囲気の中で」日々を送るか?に、大きな意味があることに気づかれるでしょう。
私立小学校は、そういう意味で「学業の場」というよりも、学業の場である学校に、それ以上の付加価値のついた「子ども達が暮らす環境」と言えるでしょう。

・ 首都圏だけの特殊な事情

私立小学校受験は、教育レベルの高いご家庭では、年々人気の高まる傾向にあります。公立校での「ゆとり教育」が終わり、一時の「人気は右肩あがり」という状態ではなくなりましたが、それでも、首都圏の中では、「私立小学校について、もっと知りたい!」「私立小学校で教育を受けさせたい」という親の思いは強くなる一方です。
しかし、そもそも、人気が高くなってきた私立小学校受験とは、何なのでしょうか?
首都圏には、私立、公立ともに、大変数多くの学校があります。まずここが第一のポイントです。学校の数が多いからこそ、「選ぶ」という選択肢が生まれてきます。同じ大都市、大阪、名古屋、福岡でも、首都圏、特に東京都、神奈川県ほど私立小学校の数はありません。これがそもそも、地方とは全く違った「学校事情」が首都圏に生まれた背景です。
たとえば、あなたが花を買ったとしましょう。お花は、吟味して選びました。その花を美しく飾りたいと思います。そして、ここに「一つ」だけ花瓶があるとしたら・・・あなたは自動的にそれを選び、そこに花を活けますね。
しかし、もしここに「青と赤と黄と緑」、「AとBとCとD」「○と△と□と◇」という花瓶があったとしたら?きっとあなたは、その花瓶の色や形、価格、諸々のことを考え、また、あなたが選んだお花にあるものはどれなのか?と一生懸命に考えながら花瓶を選んでいくことになります。あなたの「好み」や、買ったお花の色や雰囲気によってだんだんと選択肢が減っていき、最後には、「たった一つ」の花瓶を選び出します。
お花は・・・あなたの大切なお子様で、一つしかなかった花瓶は地方の学校で、たくさんの選択肢のあった花瓶が、首都圏の学校です。

もちろん、地方にも知名度の高い兵庫県の灘、福岡県の久留米大附設、鹿児島県、北海道のラサール、愛媛県の愛光、京都府の洛星、奈良県の東大寺学園など、私立校にも伝統ある名門校はあります。
しかし、これらは小学校ではなく、中学、高校であり、名門である所以は環境というよりも、どちらかと言えば「偏差値の高さ」「大学進学率の高さ」という、わかりやすい数値的な名門のバロメーターであると言えるでしょう。

かろうじて、ここ数年、首都圏と同様の趣を持っている私立小学校と言えば、京都の立命館大学の付属小学校、同志社大学の付属小学校、兵庫県の甲南大学付属小学校、関西学院大学付属小学校、大阪の近畿大学付属小学校、等が上げられるかもしれません。しかし、これも、あくまで「大学の付属」で、人気の高い所以は、大学の付属だから・・・が主な理由であり、首都圏の私立小学校のように、小学校そのもの、小学校から高校までの一貫教育の環境として、という理由の学校はほとんど見あたりません。

いかがでしょうか。これで少しでも首都圏の私立小学校が、非常に特殊な趣を持っている、ということがおわかりいただけたでしょう。
つまり。比較的楽に、昔で言うところの、エスカレーター式で名門の大学に進学できるから・・・という理由が、首都圏の私立小学校の人気の高さではない、ということです。
要するに、首都圏には、偏差値の高さや、大学の付属だというだけの理由ではなく、小学校そのもの、小学校から高校までの一貫校としての私立校で、「格式と伝統を持った多くの学校」が存在している、と言うことなのです。そして、それぞれに他校とは違う校風、教育理念があり、それを求めてそこで学び、世の中に巣立っていった卒業生達には、同じ「私立校出身」であっても、一人一人に非常に違う雰囲気を醸し出させるだけの理由があったのですね。

首都圏の私立小学校の存在意義を理解するためには、「私の小学校~~~だったから」とか「私の育った〇〇では、小学校は~~ではなかった」のように、ご自身が受けた教育、育った背景だけを「我が子の教育のスタンダード」として考えていては、到底、首都圏の私立小学校は理解できないでしょう。

まずは、さまざまな考えをリセットして・・・実際に学校に足を運び、ご自分の五感で私立小学校を「感じて」みてください。いくつか学校を訪れてみたら、きっと、「五感を通して」私がここに書きつらねてきたことを、なるほどねえ・・・と、理解していただけるのではないか?と思っています。

賢い子どもを育てるヒント満載!
まどか先生が送る、ママ達へのエールです!

Content on this page requires a newer version of Adobe Flash Player.

Get Adobe Flash player


新しいサイト、誕生しました!!まどか先生の小学校受験・中学受験相談室