保育園児は不利でしょうか?

保育園児は不利でしょうか?

昔から、働いているお母様方からの質問の中で一番多いのが「保育園児は、やっぱり小学校受験には不利なんですよね・・・そう聞いているのですが・・・」というものです。
 では。はたして、保育園児の小学校受験は不利なのでしょうか?

 いいえ!絶対にそんなことはありません。
 もし、そういうことがまことしやかにウワサとして流れているとすれば、おそれはたぶん、お仕事をお持ちのお母様が、志望した学校にご縁をいただけなかった時、その残念な結果が受け入れがたく、ご自分を納得させるために、「うちの子は保育園児だったから、この学校に縁がなかったんだ」という、決定的な条件を理由にして、ご自分を納得させたかった・・・ということでしょう。
 確かに、極々一部の学校にそういう傾向があったとしても、その学校に縁のなかった理由は「保育園児であったから」ということではなく、「お母様に(フルタイムでの)お仕事がある」ということのほうではないか?と思います。
 たとえば。私立小学校の中には、平日に、頻繁に学校行事があったり、たとえそれが任意ではあっても、母親が学校に行き、共同作業をする、というような催しのある学校があります。わが子がその学校にお世話になる、ということは、そこが私立校である限り、当然、親も学校の方針に最大限協力をする、ということですね。
 こういう体質の私立校であった場合、学校側が「やはり、我が校にご入学いただくについては、仕事をお持ちのお母様では、いろいろと負担が大きく、不向きではないだろうか?」という思いを持たれたとしてもおかしくはないでしょう。
 ある意味、これは学校側の配慮と言えるかもしれない、と私は考えます。平日にはなかなか仕事は休めない・・・にも関わらず、頻繁に学校からはお呼び出しがある・・・あまり私が毎回お休みをするようでは、うちの子に何らかの影響があるのではないかしら・・・
 もし入学が許可されても、学校から「平日のご案内」があるたびに、このようなどうすることも出来ない状況で、お母様が毎回お困りになり、仕事とわが子の学校との板挟みになる・・・これでは、親子ともに決して幸せとは言えないでしょう。
 こういうことからも、やはり特に仕事をお持ちのお母様のご家庭では、「学校選び」は慎重に、家庭の状況を十分に考えた上で、親子ともに無理なく小学校生活が送れるための適切な学校選び、ということが、何よりもまず、大切であるということがおわかりいただけるでしょう。

 さて、話しを「保育園児は不利か?」という話しに戻しましょう。
 幼稚園児と保育園児を比較した場合、長年の私の経験から以下のような点があげられます。

1.保育園児は、一様に親離れが上手である。
つまり、教室に入ってくる時、クラスを始める時、母親から離れられず、ぐずぐずと文句を言ったり、泣いたり・・・というお子さんは、保育園児にはほとんどいません。たとえ3歳児であっても、お母様から適切な言葉をかけられると、「バイバイ!」「いってきます!」と、上手に母親から離れます。これは、小さな頃からの習慣で、「お母さんと別れる」というケジメのようなものが、子どもの中で育っているからでしょう。
2.すぐに「できない!」と言って投げ出さず、自分のことは自分でする姿勢がある。
保育園では、0歳児からの生活、というものがあります。また、幼稚園に比べて保育時間が長く、子ども達は長時間、親が側にいない中で、同年の子と幼い頃から共同生活をしています。つまり、保育園児は、保育園という環境の中では、ほとんどのことは「まずは自分でやってみる」という生活に慣れています。幼稚園児は、どうしても親の目も届き、良くも悪くも「身近なところに助っ人」がいるために、「まずは、自分でやってみる」という気持ちが育っていないことが多いようです。
 保育園児の場合には、「できないー!」と言って泣いたり、逃げ出したりしたところで、「そうなの、そうなの、かわいそうに、かわいそうに!」とすぐに近寄ってきて、代わりにしてくれる人は側にはいないのです。この物理的条件が、保育園児のチャレンジ精神と根気を育てていると思います。
 ボタンかけ(はずし)、洋服たたみ、お着替えなども、完璧とは言えないまでも、保育園では3歳児でも一生懸命に「自分で」やっている姿が当然のこととしてみられます。お手洗いにも早い時期から上手に一人で行ける、という子は多いですね。
 これらは、本当にすばらしいことです。

3.父親の育児参加が自然なかたちでできている。
 保育園児のご家庭の場合、「自然なかたちでお父様が上手に育児参加をしている」というケースがほとんどです。これは、親にとっても子どもにとっても、とても幸せなことで、親子関係としても、非常にバランスのとれたご家族・・・ということになります。
 専業ママの家庭では、どうしても子どもが幼い時期は、「パパは会社、パパはお仕事」という構図が出来上がり、お父様はほとんど日頃の我が子の様子を知らない、子どもの様子に無関心、もしくはその対極の「自分の理想を追う教育パパ」だったりするものです。そんな中にあって、両親でバランスよく育児をしている姿勢は、子どもを育てるという意味において、理想の家庭でしょう。

 以上の3点は、小学校受験をする上でも、「理想の姿、理想の成長」と言えるでしょう。
ですから、どうぞ自信を持って、現状を維持しながら、ポイントを上手に押さえて、受験の準備をしていきましょう。
 そして、間違っても「私立小学校受験では、幼稚園至上主義」などという間違った思いに取り付かれて、ご家族(子どもに対しても)の負担の大きくなる幼稚園への転園などを無理に考えないことです。

 

賢い子どもを育てるヒント満載!
まどか先生が送る、ママ達へのエールです!

Content on this page requires a newer version of Adobe Flash Player.

Get Adobe Flash player


新しいサイト、誕生しました!!まどか先生の小学校受験・中学受験相談室