帰国子女、海外赴任中の方の私立受験

帰国子女―母国語の習得と日本文化の理解

・第二点は、日本語の習得です。

帰国間もない方の多くは、ご相談に見えて必ずおっしゃいます。
「せっかく覚えた英語(赴任先の外国語)ですから、それを大事にしたいのです!」
その思いは、理解できなくはありません。しかし、小学校受験への思いが、単なる思いつきや興味本位というものでなく、真剣なものであれば、まずは「外国語を大切にする」という考えを、少なくとも受験準備の期間だけは捨ててください。そして、しっかりと認識をしていただきたいのです。

海外で生活をしている子ども達が、生活として、どんな環境のもと、暮らしているか?ということを、じっくりとお考えになったことはありますか?
とかく大人である「親」が見落としていることは、「日本語の習得」ということです。昨今、海外に目を向けることを良しとする傾向が強い中で生活をしていると、母国語である日本語の習得について、あまり深い関心を示さない家庭が増加してきています。「日本人なんだから、まあ、当然、日本語は話せるでしょう!」のように思っているのですね。
でも、実際には、正しく美しい日本語を話すためには、その習得の環境は不可欠です。親が、正しい日本語を話し、それを日々聞くことによって、子どもは自然に「親の話す日本語から、自分の話す日本語のスタンダードを取得」します。それにプラスして、まわりの大人が話す日本語をシャワーのように浴び、それを自然に習得していきます。
最近の子ども達の日本語力の低下は、親が正しい日本語を話さないこと(話せないこと?)、親に日本語を大切にする意識がないこと、が上げられます。

つまり、海外で生活している子ども達は、本来は「母国語である日本語にかこまれ、毎日、それを聞き、真似ることによって、自然に言葉を習得していくべき幼い時期に、その環境にいない」ということ、なんですね。それが親の仕事というやむを得ない事情であったとしても、そういう「自然なかたちでの日本語の習得が叶わない状況で育った」というマイナス面を親がしっかりと理解しているべき、です。
にも関わらず、「日本語に囲まれて暮らしていない」というマイナス面を理解せず、むしろ、所詮は幼い時期の「幼児語でしかない外国語」を大事にしようとする・・・ちょっと、これは問題ある発想なんですねえ・・・少なくとも、小学校受験に向かう子ども達には、正しい日本語の習得は不可欠、です。なぜなら、現在、どの私立小学校でも、子ども達の「日本語力の低下」を憂い、考査の中でも「話す、聞く」というポイントに力を入れているからです。

日本とは違う風土や文化の中で、家族揃って貴重な経験が出来た、というプラス面はもちろん大いに評価すべきことです。外国で暮らすという状況下にあったからこそ、家族の結束が強まり、とても有意義な生活を送ることができた・・・それは、本当にすばらしいことです!
でも、それと引き換えに、「幼児期の言葉の発達」という面では、やはりマイナス面は大きい。日本人である限り、日本語の習得は必須であり、言葉そのものが文化であり、その言葉から学ぶものは大きいのですからね。

時代は21世紀。世の中では、国際人という言葉が定着し、若いご両親は我が子の外国語学習に躍起です。しかし、まずははじめに「母国語、日本語ありき」です。
自由に外国語を話していた境遇を大切にしたい!その思いも理解できます。しかし、実際には・・・ 大変残酷なことを申しあげますが、わずか3才、4才、5才の子どもが話していた幼児語まじりの外国語は、本当にそれほどにすばらしいものだったでしょうか?
少なくとも、受験を考えた場合には、日本での「失われた時間」のほうを意識すべきです。お子様と同じ時期に日本で生まれ、日本で育った子ども達が、テレビ等も含めて、身のまわりの世界から、毎日毎日、日本語をシャワーのように浴びて育ってきています。 当然、こういう子ども達は、自分が話す力だけではなく、自分の耳で聞き、聞いたことを理解するという「聞く力」も備わっています。
幼い頃、外国で生活をしてきた子ども達でも、ご両親が母国語習得の重要性をしっかりと理解しているご家庭では、「話す力」を持っている子どもは少なくありません。しかし、そういう子ども達の場合でも、残念ながら「聞く力不足」は否めません。
つまり、日本語で自分の思いを伝えることはできても、まわりの人の話すことを聞いて理解できない、という子ども達・・・こういうことを想像してみてください!大人が外国語学習をする時、一生懸命に習ったことを駆使し、文章を作っていく・・・言いたいことは言えるのです。でも、相手が話し出すと、もうチンプンカンプン・・・これと同じこと、ですね。「 I would like to go to ABC shop! 」 と言えても、「 Oh,OK! First, you go this street about 100 meter, then turn right, and・・・ 」 と親切に教えてもらっても、そちらが聞き取れず、理解できない・・・

要するに、親が貴重だと思っている「わが子の外国語」は、実際にはそれほど価値のあるものではなく、むしろ、何度も言いますが「環境的条件で、耳と肌から習得できなかった日本語」というマイナスは、とてつもなく大きいもの、なんです。そのことを、まずはしっかりと親が理解するべきです。

長年、異文化の中で育った我が子が帰国し、急に幼稚園や保育園のような新しい環境にポーンと放り込まれる・・・そして毎日、ストレンジャーともいうべき同年齢の「日本人の子ども達」の中で、初めて日本語のシャワーを浴びる!このことが、子どもにとってどんなに大きな混乱であるか・・・「???」ばかりの中で、子ども達は苦労をするのですよ。それをわかってあげて、まずはしっかりと母国語である日本語学習に力を入れてあげてください!

・第三点は、季節や行事に代表される「文化」の理解です

小学校受験の考査の中では、多くの言語の問題、季節、行事、習慣など、日本人として当然知っているべき知識や習慣、ご家庭で守っているべき風習などの問題が出題されます。
国際化が叫ばれる中で、こういうことを不思議に思われるご両親もたくさんおいでになるでしょうね。
でも、どうして「文化的なこと、固有の行事等の出題数が多いのか?」この答えは簡単です。それがどんな国であったとしても、その国で国際化が進めば進むほど、固有の文化を大切にしよう、個々のアイデンティティー、自分が何者であるか?ということを一層大切にしよう!ということ、なんですね。

海外在住時、お子様が日本人学校の付属のナーサリーのようなところに通っていたとしても、気候風土の違うところで日本の行事を体験したとしても、なかなか五感を通じてその行事の意味を理解するのは難しいでしょうし、また、国を挙げて実施する行事であるからこそ、子どももその感覚が身に付くものです。
ですから、海外に駐在中は、きっと日本固有の文化や行事を経験しても、あまり親しみを感じず、むしろ駐在をしている国の季節感や風土にあった「その国の行事や文化」を体験するほうが、きっと子どもにとっては身近であり、親しみが持てるはずですね。
このようなことからもわかるように、小学校受験では多く出題される「季節や行事、生活習慣」に関する問題は、帰国子女にとっては非常にむずかしい問題となってしまいます。
たとえば・・・ギラギラと照りつける太陽と真っ青な空の下、南の国でお正月を迎えていたとしたら?きっと、日本の寒いお正月をイメージすることは出来ないでしょうし、実感もありません。 「こたつでミカンを食べ、着物姿でカルタをしたり、マフラーと毛糸の帽子をかぶって凧揚げをしたり、羽根つきをしたりする」絵を見ても、全くピンとはきませんね・・・
また、2月や4月、テレビを点けると、毎日のようにCMでひな人形や五月人形の映像と同様が流れ、桃の便りや菖蒲の映像などを頻繁に目にするからこそ、雛祭りも端午の節句も、何となくではあっても、「知ってる、わかる」という感覚が芽生えます。

季節感は、生活していてこそ実感できるもの。
季節は「学習」するものではなく、本来は体験から感覚として覚えるものなのです。しかし、海外に駐在中、帰国子女の場合、それはどうしても無理なことです。
だからこそ、小学校受験における「季節や行事の理解」が持っている意味を親がしっかりと理解し、帰国後は決してそれらをなおざりにせず、一つ一つの行事、さまざまな独自の文化に関しては、それがどういうものなのか?どんな準備をするか?というようなことを、子どもに説明をしてあげて、少しでも理解できるように工夫をしてください。
大切なことは、正しいご両親の認識です。問題を一つ一つクリアし、着実に歩を進めていきましょう。

賢い子どもを育てるヒント満載!
まどか先生が送る、ママ達へのエールです!

Content on this page requires a newer version of Adobe Flash Player.

Get Adobe Flash player


新しいサイト、誕生しました!!まどか先生の小学校受験・中学受験相談室