幼児教室+小学校受験+私立小学校受験

小学校受験のワンポイントアドバイス

学校説明会への服装

ゴールデンウィークを過ぎた頃から、そろそろ学校では説明会が始まります。
学校によっては、説明会はまだ先でも、見学、参加可能な作品展、バザー等、学校行事がある 場合もあります。いずれにしても、「直接、学校に出向く」という機会が始まります。
 さて、そんなときには、どういう服装が良いのでしょうか?
最もしてはいけないことは勝手な判断です。「説明会だし・・・まあ、ありあわせのものでい っか。」と軽い気持ちで出かけてしまって、すっかりラフな自分だけが浮いてしまって大失敗 をした、ということはよく聞く話です。
ということで、説明会に適切な服装、それも、さまざまなシチュエーションに適応する「オ ールマイティー服」についてお話をしましょう。
たいていの方が「お受験」と聞いてイメージするのは「紺色のスーツ」ですね。でもこれに 関しては、もっと先になってから、さまざま吟味して選ぶのが良いでしょう。まずは、「紺色 の半袖のワンピース」をご用意なさるのはいかがでしょう。デザインもシンプルであるほうが 無難です。
GWが終わると、ここ数年は気温が25度を超える夏のような陽射しの日も多くなります。
そんな時、面接にも着回しができるから、と、慌ててスーツを準備をしてしまうと、汗だくに なってしまいます。特に今年は、節電奨励ということであって、説明会の会場の室温は比較的 高いはず。そこに大勢の人が集まり、お話を聞くのですから、ムシムシ感は想像以上だと思い ます。
でも、半袖のワンピースであれば、たとえ5月であっても、暑ければ半袖ままで良いです し、涼しい日にはその上に紺色のカーディガンを羽織れば、十分にスーツと同じくらい、きち んと見えるものです。

弔事にもお召しになる「黒の服」ですが、じつは「紺の服」とは違い、着こなし方によって は、なかなか奇抜で派手な雰囲気があるものです。紺色のお召し物には、そういう奇抜さ、粋 さはありません。ですから、絶対に「黒で間に合わせる」ということは考えないでください。
この「オールマイティー服」は、願書をいただきに行く時、願書を提出する時などにも重宝 します。また、考査が終われば、オリエンテーションや保護者会のような学校の集まりにもお 召しになれますし、上に羽織るものを工夫したり、アクセサリー次第では、とってもオシャレ な普段着にもなります。かちっとしたスーツでは、なかなかそういうわけにはいきません。

それからもう一つ。
是非、袋物をご用意なさってください。学校説明会、願書をいただきに行く時、ハンドバッグ だけで出かけてしまい、帰りに学校からいただいた封筒や袋を、はだかで持ち歩く事になった ・・・ そんな失敗談をよく耳にします。
どうぞ、派手な柄付きではない(実際には、紺が無難でしょう)雨が降っても安心な、ビニ ールコーティングされた、マチのある「袋物」を用意しておきましょう。
もちろん、これは面接や考査の時にも活躍します。
大きさに関しては、大は小を兼ねるとは言っても、あまりに大きすぎるとみっともないもの です。適当な大きさのものを選んでください。当然の事ですが、高価なものである必要は全く ありません。

賢い子どもを育てるヒント満載!
まどか先生が送る、ママ達へのエールです!

Content on this page requires a newer version of Adobe Flash Player.

Get Adobe Flash player


新しいサイト、誕生しました!!まどか先生の小学校受験・中学受験相談室