【2020年度】幼児教室クラスのご案内

「コロナショック以降の 幼児教室マナーズ」

1993年の開校以来、幼児教室マナーズは、1クラス6名程度の徹底した少人数制を実践してまいりました。「私一人でしっかりと目の行き届く人数。それぞれのご家庭に十分なサポートができ、信頼関係を築いていけること。」それが信念だったからです。2020年春、新型コロナウイルスという想像もし得なかった問題に遭遇し、今後の世の中は、あらゆることを見直さなければなりません。
幼児教室マナーズでは、大切なお子様をお預かりする教育の場として、どんな状況下であっても、ご両親が安心して小学校受験のご準備をしていただけるように、来年度2021年度生の募集に関しては、すべてのクラスを「4名以下」で開講することといたします。
幼児教室マナーズにとっては、この少人数制クラスはすでに20余年間の実績もあり、クラスの進行やカリキュラムの内容、指導方法に大きな変化はございません。どうぞご安心ください。

2021年度生(来年度)のクラスは、下記の通りです。

年中児クラス(60分)・・・土曜日 クラスA 13:00~14:00、
クラスB 14:15~15:15

年長児クラス(90分)・・・土曜日 クラスA 9:10~10:40、
クラスB 10:50~12:20

募集は、8月中旬に開始予定。ただ、今後の世の中の動向、各私立校の方針によって変更の可能性もございます。
新年長児クラスに関しては、現在の年中児クラスから持ち上がる生徒がおりますので、定員となり、不本意ながら、やむを得ず入室をお断りしなければならない可能性も出てまいりますが、何よりもお子様の安全とご両親のご安心が第一と考えます。
募集はまだ先ではありますが、あらかじめお知らせいたします。

【2020年度】幼児教室クラスのご案内

年中児クラス

さあ、10キロマラソンに出場するぞ!と決めたらはしっかりストレッチをし、準備運動をし、軽いジョギングから始め、そして徐々に距離を伸ばし、やがてタイムを縮める努力を始める、

遠回りに思える「ストレッチ・準備体操・ジョギング」こそが、本当にタイムを伸ばす鍵となります。小学校受験をする場合も同じです。

自体が楽しく、興味の持てるものでなければなりません。

子どもにとって楽しい時間であれば、そこに「無駄」は何一つありません。
幼児教室マナーズ(リンク)では、「聞く→理解する→話す」時間をたっぷりと与え、知ること、伝える喜びを実感してもらう!それが、それが年中クラスです。まだまだ遠くにある考査をゆとりをもって眺め、子どもの成長を促すクラスとお考えください。

年長児クラス

考査時に必要な学習をペーパーを通して行いますが、これらは問題を解く訓練ではなく、「考え、理解し、表現する力」を養うための学習でペーパーはあくまで「道具」です。

この時期に会得するべき事は頑張る事の尊さを知り、できた!かわた!の達成感を味わう事です。

年長児のに大切な学習の柱は「言語」です。最近の子ども達は一様に語彙力、表現力不足。近年、考査の中でも言語分野の問題が多くなっているのは、幼児期の「日本語力低下」を危惧した学校側の意図でしょう。

幼児教室マナーズでは、特に言語の分野に力を入れ指導いたします。たくさん話すこと、説明すること、相手に理解してもらえるように表現すること、相手に納得してもらえるまで、いろいろな方法で話してみることなど、楽しく学習していきます。

また、グループでの考査に対応するために、
「積極性」「協調性」などを養うカリキュラムにも重点を起きます。