【2022年度】幼児教室クラスのご案内

「コロナショック以降の 幼児教室マナーズ」

幼児教室マナーズは、長年、少人数クラスを実践してきました。「私一人でしっかりと目の行き届く人数であること。それぞれのご家庭に十分なサポートがでること」それがマナーズの、まどか先生の信念であり、毎年の確実な結果につながっています。
そんな中にあって、2020年春、世界は新型コロナウイルスという想像もし得なかった問題に遭遇し、現在もその真っただ中。その影響は一向に終わる気配が見られません。

私立小学校は「私立校」である限り、入学を許可するための試験は不可欠。その試験に向かうための準備は必須です。
世の中では「リモート〇〇」が定着し、学校の授業、予備校の授業等もネット配信されるようになっています。しかし、幼児期の教育には「対面」は不可欠。「対面」だから、学習の効果が表れる・・・成長に結びつく・・・そういうことばかり、なのです。
幼児教室マナーズでは、こういう状況下であっても、安心してご準備いただけるように、教室内の感染防止対策を万全にし、今まで通りの「少人数制」でクラスを実践しています。どうぞご安心ください。

2021年度生のクラスは、下記の通りです。

年中児クラス(60分)
土曜日 ★クラス 13:30~14:30

年長児クラス(90分)
土曜日 ★クラス 10:00~11:30*注
(*注 一定人数を超えた場合には、クラスA 9:10~10:40、クラスB 10:50~12:20の2クラスに分け、ご希望のクラスで学んでいただく予定です)

【2022年度】幼児教室クラスのご案内

年中児クラス

さあ、10キロマラソンに出場するぞ!と決めたらはしっかりストレッチをし、準備運動をし、軽いジョギングから始め、そして徐々に距離を伸ばし、やがてタイムを縮める努力を始める、

遠回りに思える「ストレッチ・準備体操・ジョギング」こそが、本当にタイムを伸ばす鍵となります。小学校受験をする場合も同じです。

自体が楽しく、興味の持てるものでなければなりません。

子どもにとって楽しい時間であれば、そこに「無駄」は何一つありません。
幼児教室マナーズ(リンク)では、「聞く→理解する→話す」時間をたっぷりと与え、知ること、伝える喜びを実感してもらう!それが、それが年中クラスです。まだまだ遠くにある考査をゆとりをもって眺め、子どもの成長を促すクラスとお考えください。

年長児クラス

考査時に必要な学習をペーパーを通して行いますが、これらは問題を解く訓練ではなく、「考え、理解し、表現する力」を養うための学習でペーパーはあくまで「道具」です。

この時期に会得するべき事は頑張る事の尊さを知り、できた!かわた!の達成感を味わう事です。

年長児のに大切な学習の柱は「言語」です。最近の子ども達は一様に語彙力、表現力不足。近年、考査の中でも言語分野の問題が多くなっているのは、幼児期の「日本語力低下」を危惧した学校側の意図でしょう。

幼児教室マナーズでは、特に言語の分野に力を入れ指導いたします。たくさん話すこと、説明すること、相手に理解してもらえるように表現すること、相手に納得してもらえるまで、いろいろな方法で話してみることなど、楽しく学習していきます。

また、グループでの考査に対応するために、
「積極性」「協調性」などを養うカリキュラムにも重点を起きます。