受験に向かう「母親の姿勢」

準備の期間は長いほうが良いのか?いやいや、短くても良いらしい?などなど、いろんな噂が気になりますね。でも、本当に考えるべきことは何か、をしっかりと理解しましょう。

「受験準備の長さ」は合否に関係なし

産休が明けて仕事に復帰。最近、子育て支援系の雑誌やサイトでしばしば見かける「働く私にも出来た!準備期間わずか3ヶ月。働くママの小学校受験の成功例!」のような見出し。もし、通勤電車の中で、こんな奇抜な見出しの吊り広告を見たら?眺めるスマホの広告でこんな文字を見つけたら?きっとワーキングマザーのみなさんはとても興味を持たれることでしょう。でも、やっぱり私は、これは人寄せパンダ的意味しか持たない・・・そういう気がしてなりません。

小学校受験の世界に身を置くと、時々「私は子どもの誕生と同時に、小学校受験の準備を始めました!
「私は胎教の頃から、小学校受験を考慮に入れ、子育てをしました!」 というようなことを大真面目に語られる方に出会うこともあると思います。

でも、人は人、自分は自分。「今の自分達にできることは何か?」をしっかりと考え、ウワサや風評に流されないこと。ついつい、不安な時には、まことしやかにかかれた掲示板での情報を鵜呑みにし、目を白黒させてしまうご両親も多いでしょうが、じっくりと考えてみれば、きっと極端な話はナンセンスでしょう?

ここ数年は、もともと「私立小学校志向だった」というご家庭だけではなく、「せっかくダブルインカムなのだから、私立小学校でも考えてみようか?」という家庭も多くなりました。こういうタイプのご家庭の場合には、比較的「思い立って受験をする」という傾向にあります。

さすがに、「生まれた時から準備をする」必要はないまでも、「急に思い立って、考査までのカウントダウンをしながら、ハラハラと準備をする」というのも、真っ当な姿勢だとは言えません。

やはり、小学校受験に限らず、何か物事に真剣に取り組もうとする時には、まずはご自分達の考えをしっかりと整理し、十分に考え、進むべき方向を見据えて、決して右往左往せず、着実に歩を進めていく必要があります。

「準備にかけた時間の長短」は、決して合否に大きな意味を持ってはいません。じゃあ、長い準備は何の意味もなかったのか?と言えば、それはNoですね。確かに、受験準備は子どもを成長させ、さまざまな力をつけてくれるでしょう。(ただ、正しい受験の準備をする、ということが条件であり、単なる訓練で疲労困憊する準備では、力もついてはいきません)

けれど、合否だけに的を絞って考えた場合、準備期間の長い人が合格し、短い人は不合格である、ということではありません。小学校受験の合否は、もっともっと繊細なもので、子どもの「能力」だけを考査で判断しているわけではないからです。

いずれにしても、あまりに受験準備にかける時間が短いと、子どもの受験準備云々ではなく、小学校受験というものをしっかりと理解することが難しいかもしれません。子どもが一日の大半を過ごす環境を判断する、という意味で、本来は、学校選びにも時間をかける必要はありますから、さすがに準備期間が半年にも満たない、ということでは準備期間を有意義に過ごすことが出来ず、残念だと思います。

しかし。雑誌の見出しのように「たった3ヶ月の準備期間で合格をいただけたワーキングマザーの家庭」も「5年間準備して、合格をしたという家庭」も、もし合格の秘訣があるとすれば、それは「家庭と学校とのマッチング、家庭と学校の相性」という部分で大きな成果があった、有効に働いた、ということでしょう。

どんなに準備期間に長い年月をかけて、自信満々で受験に臨まれたとしても、学校が目指すものと、そのご家庭の方向、家庭教育の方針が違っていれば、そこに「合格」はあり得ません。

「子どもに向かう時間」の優先順位を上げる

教室に通う時間、家庭でお勉強的なおさらいをする時間、志望校を考える時間、諸々の支度をする時間、小学校受験準備を始める、という事は、やはり今までの時間に「プラス」して、様々なことに時間と気持ちを費やさなくてはなりません。

働くママ達が入社以降、時間をかけて努力の末に築き上げた「社会人」としての生活リズム。それを、たとえ一時的にせよ、受験準備のために割かなければなりません。「たかが小学校受験、されど小学校受験」です。なので、お母様自身に「真剣に小学校受験に臨む意識と姿勢」がなくては、良い方向に我が子をリードすることはできません。そういう意味では、お母様自身が、受験準備の期間は「ご自分の生活を中心にする」のではなく、「子どもに向かう時間」の優先順位を上げ、「受験生である子ども中心に考える」という生活に替えなければなりません。

そして、受験生以外の我が子(受験生の兄弟、姉妹)を含めた他のご家族の協力も不可決です。 ワーキングマザーの限られた貴重な時間内での準備は、子どものためにも、そしてお母様ご自身のためにも、効率良く、確実でなければなりません。

でもね、そんな生活が延々と続くわけではないのです。受験準備中は、長く長く感じるかもしれない時間ですが、終わってしまえば、もうそういう時間はやってはきませんよ。期間限定だからこそ、しっかりと考え、適当にしないこと。

ワーキングマザーとしては、かなりがんばったよ、私!でも、やっぱり挑戦して良かった!そう思える正しく真っ当な準備を、無理のない期間、やってみてください。