幼児教室+小学校受験+私立小学校受験

大事なものは、知識ではなく「知恵」です!

・ スーパーチルドレンの誕生

ここ10年でしょうか、知識豊富な、大人顔負けの「物知り子ども」が増えました。 私は、そんな子ども達を「スーパーチルドレン」と秘かに呼んでいます。
もちろん昔から、動物好きの子どもが生き物の世界にのめり込み、まるで獣医さんや動物園の飼育員のように、動物の生態に精通している・・・という話しや、幼い頃から電車やバスなどの乗り物が大好きで、それが高じてJRの特急や急行列車の名前から、私鉄の駅名まで覚えてしまった・・・と、こういう類の話しはよく聞きました。けれど、このように自分の興味や好みから、その道の立派な「マメ博士」になる、という子どもは、どの時代にもたくさんいたでしょう。
しかし、私が「スーパーチルドレン」と呼ぶ子ども達は、昔ながらの「マメ博士」とはかなり雰囲気が違います。
スーパーチルドレン、それは、「自分の興味や好み」という好奇心や自発的な向学心からではなく、どちらかと言えば親の勝手な志向で、親がイメージする「利発な子、利口な子」にするべく、せっせとわが子に教え込み、訓練し、親の自己満足を満たすことを秘かな目的とした(親がそれに気づいているかどうかは、ここでは問題ではありません)、無味乾燥的?ロボット的?な知識豊富で利発な子どもを指しています。
もちろん、何でも「知る」という亊はすばらしい亊です。知らなかったものを知る事によって、子どもの世界がどんどん広がっていく・・・その価値は、はかり知れません!
ただ、「知識が豊富である」という亊自体に価値を見い出し、それを高く評価して、わが子が「優秀である」と思い込んでしまう親・・・そして、子ども自身も、もの知りである自分が誰よりも優秀である、と認識してしまう亊・・・これは、残念な誤解であり、時として、滑稽にも見えてしまうものなのです。例えば、ママ友との立ち話で、フフフと笑いながら「なんだかね、うちの子ったら、私達が教えもしていないのに、知らないうちに、すっかりひらがなも、カタカナも読めるようになっちゃってて・・・やんなっちゃうー」みたいに話すお母さん・・・でも、本当は、お手洗いの中にまで、「ひらがな表やカタカナ表」が貼ってある・・・
人よりも、1年早く字が読めるようになったとしても、本当は、それには大きな意味はありません。それは、1年早くオムツがとれたようなもの。なぜかって?結局、どんな子だって、小学校に入ることには、完璧に「全員が」一人でオシッコに行けるようになるのですもの。1年早かろうが、遅かろうか、深い意味はないのです。
でもね、「一年早い組」の親達は、1年、いえいえ1年以上も、ずっと我が子の自慢が出来て、とてもいい気分になれますね。そこにだけ「価値があった」ということでしょう。



・ 人格という「タンス」

私は、人はそれぞれに自分の中に「人格を形成するタンス」を持っている、と私は考えています。 成長とともに、その「タンス」の中に、どんどんと中身を入れていく・・・入れていくグッズ、それが「知識」です。
人が生まれた時、小さなタンスを持っています。そのタンスの中には、当面、生きていくための、必要最低限のものが入っています。それは、どちらかと言えば本能的なものと言えるでしょう。 しかしそのうちに、自分で見たり、聞いたり、考えたり、それを日々繰り返していくうちに、そのタンスがだんだんと大きくなっていく・・・つまり、幼いうちは親の力を借りながら、人は生活の中で感じ、学んで、タンスそのもののキャパシティーを大きくしていく・・・これが幼児期の成長だと考えています。
ですから、まず、親が何よりも先にしてやる亊、それは、わが子の将来のために、「少しでも大きくて、しっかりとしたタンス作りをしてやる手伝いをしてやること」だと思っています。それこそが、子どもが幼い時期の、親の何より大きな責任でしょう。
ところが、スーパーチルドレンの親達は、わが子のタンスが、まだ頑丈さも大きさも不十分であることを認識せず、ひたすらどんどんと中身を入れたがります。そして、まだまだ小さなタンスの中にグッズが溜まり、増えていくことに喜びを感じてしまうのですね・・・

・ タンスの中身、グッズばかりを持った子ども達

最近では、残念なことに小さなタンスに、やたらとグッズを入れたがる親ばかりが増えました。
質のよい「タンス」作り、大きなタンス作りをせず(実際、大きなタンス作りは、地味で、根気のいる作業だから、あまりお好きにはなれないのでしょう)インターネットのような便利な手段で情報を入手し、常にキョロキョロとあたりを見回し、小さいタンスの中に入れるに相応しい、グッズ探しばかりをしているのです。こういう親達が好むグッズは、派手で、見栄えのするグッズでねえ・・・主に知育的なスキルであったり、外国語学習であったり・・・ということでしょうか。

こんな例があります。 これは先生と、幼稚園の年中さんの間で交わされた会話です。

先生:「お父さんやお母さんと一緒にデパートにお買い物にいきました。ところが、おもちゃ売り場で欲しいおもちゃに見とれているうちに、あなたはお父さんやお母さんとはぐれてしまいました。パパやママがいなくなっちゃった、ってわけよ。そう、迷子になったのね、あなたたち。さあ、どうする?」
子供1:「おまわりさんに言う!」
子供2:「違うよ、おまわりさんは、どこにだっているってわけじゃないんだもの。まずは交番を探すのよ!」
子供3:「それは違うな。デパートのおばさんに、家の住所を言う!」
子供4:「住所よりも先に、絶対に家の電話番号を言うんだよ!」 etc. etc.

いかがですか?
困った時にはおまわりさんに言う、お家の住所や電話番号を知らせる・・・確かに立派ですね。世の中の5歳児には、電話の存在は知っていても、その電話番号などは全くわからない、住所?それって何?という子ども達がたくさんいるわけですからね。
しかし、どの答えも、「親好みのグッズ」だと思いませんか?
本当に迷子になった時には、どこにいるとも知れない「おまわりさん」を探すよりも(「おまわりさんに言う!」と言った子は、おまわりさんは、どこにでもいる!と思っているのかもしれません)まずはお店の人に、「自分が迷子である」という事を伝え、はぐれてしまった親を見つけ出すこと・・・これが大事ですよね。
しかし、上記の子ども達は、あくまでも「既製品」的な発想しかなく、知恵を働かせる事が出来なかったのです。
これは、言い方を替えれば、「困った時には、おまわりさんに言うのよ!」とお題目のように教え込んだ親のほうに浅はかさがある、ということでしょう。

・ 知恵を働かせる習慣

今の子ども達は、知識が豊富でも、知恵を働かせる事がとても苦手です。
要するに、すばらしい知識、グッズをたくさんに持っていても、タンスそのものが小さく、整理整頓もされていない・・・ですから、自分の置かれた立場や状況を的確に理解し、適切な引き出しから知識というグッズを出し、複数のグッズを統合して、一つの「こたえ」を導き出す・・・ という作業が出来ないのです。こういう力は、「生きていくための大切な力-人間力」だと私は考えています。
こういう、人間力の備わっていない子ども達・・・それは、引いては「指示待ちの子ども」「依頼心の強い子ども」となって育っていくのです。
頭は、帽子をかぶるためにあるのではありません。考えるためにあるのです。口は食べるため、文句を言うためだけにあるのではありません。自分の思いを表現し、心を伝えるためにあるのです。
受験準備を、「人間力」を育てる良いモチベーションとして、確かな成長に導く、正しいリードをしてあげましょう。

賢い子どもを育てるヒント満載!
まどか先生が送る、ママ達へのエールです!

Content on this page requires a newer version of Adobe Flash Player.

Get Adobe Flash player


新しいサイト、誕生しました!!まどか先生の小学校受験・中学受験相談室