「中学受験」を視野に入れた小学校

首都圏では、「中学受験」が広く一般に浸透してきました。その大きな理由が「中学、高校の6年間を一つのスパンとして教育を考える学校」が増加してきたことにあるでしょう。中学、高校と細切れの教育をするのではなく、中学1年から高校3年までを「1年生から6年生(各学年の呼称はどうあれ)」という感覚で教育をする、ということですね。そしてこういった学校の中には、完全な中高一貫教育を実施するために、高校からは生徒を追加募集をしない、という私立校も増えてきています。

中高一貫校は、大別して2つの傾向があるように思います。

タイプ1「偏差値重視型」

6年間の教育を大切にしながらも、さらにその先にある大学受験に照準を合わせ、中学3年間、高校3年間という枠にとらわれず、中学入学と同時に6年後の大学受験のために有益な教育を展開する学校。特に高校時ともなると教育の大半は大学受験準備に費やされる場合が多い一貫校です。

タイプ2「人間教育重視型」

高校受験、大学受験という「入学試験のための学習」に翻弄されることなく、思春期真っ最中の多感な6年間を、ゆとりある時間の中で、さまざまな学習、経験を通して、人格形成、人間教育に力を入れる一貫校。大学の付属の中高一貫校の場合は、特にこういう傾向が強く、在学生の多くも大学受験のための高校生活ではなく、あくまでも「教育環境」としての学校生活を送ります。

我が子に中学受験を!と考える家庭が、タイプ1かタイプ2か、どちらの中高一貫校を目指すとしても、必須なのが「中学受験」です。

ここ10年で増加傾向にあるのが「中学受験を視野にいれるからこそ、教育環境の整った私立の小学校を志望する」というご家庭であり、また、小中高12年間の一貫校であっても、中学受験を奨励する私立小学校も増えてきています。

昔は「私立小学校受験をする」と言えば、たいていが小中高(大)の一貫校を受験する、という意味であり、昭和の時代的な言い方をすれば、「エスカレーター式の学校で、各段階での入学試験に翻弄されることなく、ゆったりとした学校生活の時間と経験を与えてやりたい」という家庭がほとんどでした。

しかし、偏差値重視ではない!と世の中で叫ばれて久しいものの、現実的には「偏差値の高い大学に進学させたい」という家庭が多く、結果的に偏差値が最優先されてしまう…

 
こういう状況の中で、現在は私立小学校を目指すご家庭とは「昔ながらの小中高12年間の一貫校を希望するご家庭」と「中学受験をする子達の集まる、偏差値的な意味でもレベルの高い私立小学校を希望するご家庭」という家庭に2分化されてきています。

なぜ中学受験のために私立小学校を志望するか

ではなぜ、中学受験をさせたいと考えるご家庭が私立小学校を望むのでしょうか?

公立小学校の在学生には、様々な考え方を持ったご家庭の子どもがいます。小学校入学当初から「我が家は、6年後には中学受験をさせる」と決めているご家庭もあれば、低学年の頃から、熱心に少年野球や少年サッカーなどに取り組み「スポーツの時間が最優先」というご家庭もあります。また、全く小学校卒業後のことは考えることなく、淡々と義務教育である小学校生活を送っている家庭もあります。

このように、家庭の考え方が様々であれば、当然、その家庭の子達の日頃の生活のリズムも違ってきます。

私立中学を目指し、中学受験準備をする子ども達は、低学年の頃から「学業」をかなり重視し、大抵が3年生の2月になれば、中学受験準備のための塾に通い始めることになります。そして、高学年になればなるほど、放課後に塾に通う回数は増えていきます。

そういう現状を良しとせず(これに関しては、公立小学校の先生達それぞれのお考えによって違ってきます)、公立小学校の中には、中学受験塾に通う生徒には、運動会のリレーの選手や行事の特別な係には選出しない、ということもあるそうです。それは、練習や話し合いなどが「放課後」に設定され、塾に通う子達は「塾優先で、練習や話し合いに参加できないから」というのが理由だそうです。

どんな人にとっても「まわりと同じ」「同じ環境にいる」というのは、非常に居心地の良いものですね。

全員が歩いている中で一人だけ走るのはちょっと辛い、全員が右を向いている中で一人だけ左を向くのは目立つしちょっと恥ずかしい、全員がサンドイッチを食べる中でおにぎりをほおばるのはちょっと居心地が悪い

「とっても」ではないまでも、「ちょっとだけ辛い」「ちょっとだけ居心地が悪い」。でも、それが2年間も3年間も続くとなると、やはり、その「ちょっと」は蓄積され、大きくなっていくものでしょう。

ということで、それぞれの卒業後の教育設計が雑多な環境である「公立小学校」に我が子を置くよりも、最初から、全員が中学受験をする、という学校で学習に励むほうが、受験そのものに対するモチベーションも上がるだろうし、物理的に塾にも通い易い。子ども自身も「中学受験は、当たり前のこと」として受け止められるのではないか?全員が中学受験をするという環境では、教育内容も、少しは中学受験を視野にいれた配慮もあるのではなかろうか?等々、このようにご家庭は考えるわけです。

塾と学校、塾選びと学校選びは違う

しかし、このようにほぼ全員が中学受験をする学校(たとえば、女子は中高があるけれど、男子には中高は併設されていない、というような学校)の場合も、決してそこは「塾や予備校」ではなく、あくまで初等教育をする小学校であることは忘れてはいけません。

すでにご承知の通り、小学校の6年間は子どもが大きく成長する時期です。容姿も含め、まだまだ幼稚園児の雰囲気を残した1年生から、男女ともにすでに大人の体つきになっていく6年生までの年月。ここまで劇的に心身共に成長していく6年間の学校生活は、中学でも、高校でも、見られることはありません!

そんな大切な小学校生活を、「中学受験をするために有益な環境」という理由だけで学校選びをして良いはずがありません。

年々過熱する中学受験ではありますが、マスコミがおもしろおかしく取り上げるほど無味乾燥なものではなく、取り組み方によっては、非常に子どもを成長させる価値あるイベントだと私は捉えています。幸い、首都圏には、多くの私立小学校があります。「我が家では、子どもに中学受験を経験させ、中高一貫校に進学をさせたい!だから、その展望に沿って、全員が中学受験をする私立小学校を目指すことにしよう!」という理由で小学校受験をすることを決めたとしても、どうぞ小学校選びは、ご両親で真摯な姿勢で向かってください。

何度も言いますが、そこは学校であり、塾ではありません。ほぼ全員が中学受験をする、という私立小学校であっても、そこでは、受験準備をしているのではなく、小学校教育を実践しているのです。

私立小学校には、創立時から脈々と続く教育の信念があります。
建学の精神です。

たとえそこが、小学校の6年間のみお世話になる私立小学校だとしても、その学校には、やはり確固とした教育理念、教育方針があり、毎年、多くの卒業生を輩出してきた伝統ある私立小学校です。決して、中学受験のための「塾選び」のようなお気持ちで小学校に向かってはいけません。中学受験は中学受験。小学校は小学校なのです。志望校を選ぶときには、ご両親の感覚、思いにぴったりと合った、すばらしい私立小学校を見つけたい!我が子にとって、最高の教育環境をあたえてやりたい!という思いを大切にし、真摯に学校に相対する姿勢を忘れないことです。