親の母校と、我が子の受験

私立小学校受験を望まれるご家庭の中には、ご両親(もしくは、お父様、お母様のいずれか)が私立小学校の出身で、我が子もご自分の母校で学ばせたい、という願いを持たれている方もたくさんおられます。

母校を愛する心

私立校とは、教育の場であると同時に、多感な時期の子どもが育つひとつの大きな「環境」です。もし小学校が、たんに「勉学に勤しむところ」であるとすれば、わざわざ学校に行かなくても、自宅で「我が子にぴったりの家庭教師と自学する」でも問題はないはずです(もちろん、小・中学校は義務教育ですので、そういう訳にはいきませんが、実際に日本の教育機関を選択せず、インターナショナルスクールに通わせているご家庭もあるわけで、この場合には義務教育を修了したことにはなりません。)。

しかし、学校とは「勉学に勤しむところ」であると同時に、子どもが一個の人として成長をしていく上で、大きな影響を受ける大切な環境そのものです。お友達や先生との関わりの中で、日々、子ども達は影響を受けたり、影響を与えたりしながら学校生活を送っています。

母校への思い、それはもしかしたら、ご自分の在学中にはほとんど意識されなかったものであり、むしろ、卒業してから、時が流れれば流れるほど、自分の人生と重なり、「とても甘美なもの」となっていくように思います。そして、そこに一つの郷愁のような感情がプラスされ、「わが子も、母校で学ばせたい!」という思いは熟成されていく、そのように思います。

もちろん、在学中から自分の学校への強いリスペクト、強い愛情を感じながら日々を過ごしている方もおいでになるでしょう。そういう方の場合は、卒業後、上記に書いたように、もっともっと違った意味で母校を愛しく感じるようになることでしょう。

特別な事情がない限り、人は皆、学校を卒業後、社会に出て、仕事をします。そして、社会人として経験を積み、少し落ち着く頃になって、多くの人はあらためて自分を育ててくれた教育環境への感謝や誇りを実感するようになります。多くの方達の場合、ちょうどそんな時期に「我が子の就学時期」がやってきます。

このようにして、私立校の卒業生である父親や母親は、「願わくは、我が子を自分が過ごした学校で学ばせたい!」と考えるようになり、志望校の筆頭に「自分の母校」を迷わず設定されるようになるのです。
すばらしい学校生活を送った父、母にとって、母校は理想の教育環境です。息子や娘を、そこで学ばせたい!と願うのは、至極当然のことでしょう。

しかし、どうぞお子様のために、ご自分の母校は「僕の母校、私の母校」として、あらためて位置づけをしてください!そして、その母校は、ご自分達のすばらしい思い出の中に存在させ、まずは気持ちをリセットしましょう。その上で、親として、白紙の状態から「我が子の学校選び」を考えてみませんか? まずは母校ありきではなく、自分の母校は母校として大切にとっておき、そこは最初から「よくわかっている、理解できている学校」として横に置いて考えてみる、それが、最も真っ当な親としての考え方だと思います。

親は親、子は子

もし親が「母校ありき」として考えてしまったとしたら?その学校は「パパの母校」「ママの母校」であるはずなのに、家庭生活の中で知らず知らずのうちに、親の強い母校への思いが見えない力となって我が子の意識をコントロールしていきます。

子どもは「白紙のキャンバス」です。母校の名前を聞いたり、何か機会があって母校に行ったりするたびに、どんどん意識の中に学校名や学校での出来事を留めていくようになります。そしていつしか、親が強要していなくても、子ども達は自然に覚えていってしまい「ここはぼく(わたし)も行く学校なんだよね」「きっとパパ(ママ)はぼく(わたし)にもこの学校に行ってほしいって思ってるんだよね!」というふうに強く感じていくようになるのです。たとえ、親がそういう事を口に出さなくても、です。(実際には、多くの親は、毎日のように我が子に自分の母校がいかに素晴らしいかを熱く語り、うるうるした目で、我が子の制服姿を思い描いてしまうのですが)

でも、お子様は別人格。親であるあなたと、とってもよく似ていたとしても、まだまだ幼い子どもです。どんな色にも染まる要素、可能性を持って生まれてきています。いつもは、そんなことは十分に理解されているご両親も、「受験、母校」となると、すっかりそのことは忘れてしまわれ、母校しか見えなくなる、そんなご両親が多いのです。

首都圏には、約90校もの私立小学校があります。それぞれの学校に建学の精神があり、毎年そこから多くの子ども達が巣立っています。人の親となり、我が子の学校に親として頻繁に足を運び、30歳、40歳を過ぎて、新しい環境の中で我が子と共に多くを経験し、感じ、学べるということは、本当にとても価値のある素晴らしいことです。

どうぞそういうことをあらためて感じてくださいね。

ちょっと余談を

余談として、私のお話を。

母校は、1917年、大正6年、大阪市住吉区に創立された幼稚園から大学、大学院までの女子の一貫校でした。(と過去形で書いた理由は、今では大学は共学校になったからです)

私はその一貫校に、中学受験を経て入学。中高生として在学した昭和40年代後半の生徒達は「一に力、二に力、三に力、力の人」という建学の理念をまさに地でいくようなバイタリティーに溢れた商家の子女がほとんどで、私はこの学校で若い時代の大半を過ごしました。

学校の水がフィットした私は、在学当時から「将来、私が女の子を授かったら、是非この学校で学ばせたい!そして娘には中学ではなく、小学校や幼稚園からお世話になってもらおう!」そう思っていました。

『私が大好きなこの伝統ある制服を着せたい!私がそうしたように、スポーツデイでは溌溂と戦い、コーラスコンクールでは友とのハーモニーに心震わせ、始業式や終業式では、ひんやりとした空気に満ちた古い講堂の中、座り心地の悪い木製の長椅子に座り、静かな気持ちで学院歌を歌って欲しい!』

これは、23歳の私が母校から依頼を受け、「母校への思い」というテーマで学校の機関誌に書いた文章です。まさに、これが当時の私の願い、私の夢だったのですよね。

でも、残念ながら、私は結婚と同時に関西を離れました。幸運にも娘は授かったものの、「娘を母校に!」という夢は、チャンスさえ与えられず、叶わぬ夢に終わりました。

母校の大学を卒業してから、すでに40年。それでも、帰省した折、町や電車で母校の制服姿の女子生徒を見ると、胸がキュンとし、さまざまな思い出が浮かんできます。郷里を離れて暮らしているという条件も、一層母校への愛慕の思いを駆り立てるのでしょうが、在学中、悲喜こもごもがあったとしても、結局はトータルして「思い出深い良い学校生活だった」と思える人達にとっては、母校への思いは、非常に強いものだと思えてなりません。

でも、最近私は「母校への思い」が、決して我が子と重ねる事のできない「叶わぬ夢」であった事が、じつは私にとっても、そして我が娘にとっても、幸せな事だったのかもしれないと感じるようにもなりました。なぜかって?娘は娘で、私がそうであったように、彼女の母校でいろいろなことを経験しながら成長し、成人しました。その間、私も夫も娘の両親として、娘と共に娘の母校で、いろいろな経験をさせてもらいました。今ではそのすべてが、かけがえのない親としての財産となっています。

そして余談をもうひとつ。

私の夫はW大学の出身です。様々なスポーツでも活躍することの多いW大学ですから、息子と娘は幼い頃から、テレビの前で父親が連呼する「Wがんばれ!Wがんばれ!」の声の中で育ちました。 ピクニック気分で、よく神宮球場で大学野球の観戦もしました。そんな我が家の子ども達は、幼稚園の頃は、「K大学」と聞けば「パパの敵の学校だね!」と真面目な顔でよく言ったものです。そして、大学受験を迎える年齢になっても、「やっぱりK大受験ってのはない、かな。多少の違和感?があるんだよねえ」などと言って笑っていました。

子どもと学校、家庭と学校は、天命とも言うべき縁によって結ばれていきます。両手を広げて我が子を、ご家庭を迎えてくださる学校こそが、進学して幸せになる学校です。親の母校は、あくまで「親の母校」。そのことを、あたためてしっかりと肝に銘じること。それが我が子をピュアに見つめ、導いてあげることでもあると思います。母校=我が子の進むべき道、と信じて疑わない親は少なくありません。しかし、こういう短絡的な考え方では、受験結果が思い通りでなかった場合、親子ともにとても不幸になってしまいます。

母校も、あくまで「選択肢の一つ」。いろいろな可能性を楽しむ広い心を持ってみませんか?