「太郎君」に育てますか?

本当の「賢さ」って何でしょう?

「偏差値が高い」「偏差値が低い」の意味はおわかりですね。

では、こんなお話をきいてください。

「太郎君」という社会人がいます。彼は幼い頃から「お利口さん」「賢い子」と呼ばれ続け、中学・高校・大学と、非常に偏差値の高い学校で学び、やがて社会人になりました。両親は賢い息子を持ったことが誇らしく、太郎君もまた自分自身の成績にも学歴にも自負がありました。

しかしそんな太郎君には苦い思い出があります。それは、大学に入学後にはじめたアルバイトでのできごと。友人達の多くは「家庭教師」のアルバイトをしましたが、太郎君は今までとは全く違った世界も知りたくなり、飲食系のアルバイトをすることに決めました。ご両親は「そんな、誰でも出来るようなアルバイトなんて、あなたがすることじゃないわよ」と猛反対。けれど、太郎君が違う世界を見てみたいなと思ったタイミングだったので、思い切って始めました。

アルバイトをはじめてすぐ、太郎君はアルバイトの同僚達のことを「自分よりも見劣りする奴らだな」と感じました。くだらないことでよく笑い、よく群れて、よくしゃべる。

しかし、いざ仕事を始めてみるとどうしたことか、常に優秀で褒められる存在だった太郎君なのに、お店が忙しくなると決まって上司に怒鳴られました。

「おい、太郎!もっと気を利かせろよ!指示される前に動けよ!」
「自分の手が空いたら、他の奴らを手伝え!目、見えてんだろ?!」

太郎君は「パワハラだ!この店はブラックだ!」と不満が募りました。

「何が悪い!真面目にやってるじゃないか!やるべきことは、すべてやってる!もっとやってほしいことがあるんなら、怒鳴る前に指示を出せばいいじゃないか!」

両親に言うと、そんなところはすぐに止めなさい!あなたがいる世界じゃない!と一緒に憤慨してくれました。でも、太郎君は、あんな奴らに負けたくはない、という思いが強くあり、怒鳴られるたびに悔しい思いをしながらも、そのアルバイトを続けました。

アルバイトを始めて数か月が過ぎた頃、店が改装するためにお休みになり、同僚からバーベキューに誘われました。太郎君、ちょっと意外でした。

「こいつらに誘われた…」

バーベキュー当日、天気に恵まれ、同僚達との一日が終わりました。

たくさん話しました。勝ち負けでも、優劣でもなく、「横ならびの仲間達」。

重そうに荷物を運んでいると、誰かが助けにきてくれて、簡易のテントを張るのに苦労をしていたら、すぐに声がかかり、手伝ってくれる。

ベッドに入った太郎君、なかなか寝付けませんでした。今までの人生では、経験したことのない時間でした。競いもせず、勝負もせず、フラットな目で他人を見る。困っていると助けてくれ、そこにさげすみの目もない。「今まで僕は、自分のまわりに目を向けたことがあっただろうか?挑戦的ではなく、戦ったり、競ったりするためではなく、穏やかな気分でまわりの人を見たことがあったかな?誰かのために、何かしたことはあったかな?無防備に笑ったり、話したりしたことって…」

白黒だった世界から、じわじわと色のついた世界に入っていくような気持ちがしました。「見劣りする奴ら」を、太郎君は「僕のバイトの仲間」と感じました。「おい、太郎!もっと気を利かせろよ!指示される前に動けよ!」「自分の手が空いたら、他の奴らを手伝え!目、見えてんだろ?!」その夜、初めて上司の言葉が心届いた気がしました。

子どもに水をあたえ、光をあてる

いかがですか?
「太郎君」のお話。

きっと太郎君は、幼い頃から、両親の「太郎、〇〇しなさい!」「△△をしなければなりません!」「□□してはいけません!」の言葉を忠実に守る、親にとって育てやすい良い子だったでしょう。そして、何をしてもきちんと結果を出してくれる、自慢の息子だったでしょうね。

そして太郎君は「僕、○○してみたい!」「お友達がね、△△をしてるんだよ。僕もやってみたいよ~!」と駄々をこねたようなこともなかったのでしょう。

大人は、幼い子どもというものは「何事にも興味津々になれるものだ」と誤解をしていると思います。生まれつき、とっても感性が豊かな子はいますね。確かに、そういう子どもの場合は、誰が何を言わなくても、小さな頃から自分の身の回りのことにキョロキョロと目をやり、ある時は熱心に見つめ、目を丸くしたり、しかめっ面をしたりしながら、いろんなことを感じている。

でもね、実際には天性のものを持った、そういう子どものほうがはるかに少ないのです。では、どうすれば後天的に「何事にも興味深々の子ども」になるのでしょう?その答えは、最も子どもの身近なところにいる両親が、意識的に白紙で生まれてきている我が子に、せっせといろいろな「種まき」をしてあげること。

でも、せっかく種を蒔いても「光も当てず」「水もやらず」では、芽は出ません。

ですから、声を掛け、注意を促し、それについて話してあげること。そうすべきだということを、常に意識して繰り返していれば、どんな子もみな「何事にも興味深々」な子どもに育っていきますよ。

「太郎君」は大勢います

太郎君のご両親の考える「優秀さ」というものには、とても「偏り」があったのでしょう。そして、「人として豊かであること」については、あまり考えが及ばなかったのかもしれません。自分達の尺度での「良い子」を求め、自分達が育てやすい、自分達が自慢できるような子どもに太郎君を育てました。幸いにも、太郎君も途中で反発もすることなく、「親の理想」の世界の中で成果を出してきたのです。

幼い頃の太郎君、いえいえ、すべての子ども達にとって、幼い頃は自分の両親と家庭が世界のすべてです。どんな子どもに育つのか?その基盤を築くのは両親であり、家庭なのです。

大人でも子どもでも「ほめてもらうこと」はうれしいことです。自分が身を置く世界で成果を出し、ほめられる、きっと太郎君は、真面目に取り組む「ほめられコレクター」だったことでしょう。でも、もし、それだけであったならば、あまりに寂しいです。ほめられたい一心で両親の言う事、先生の言うことを充実に守り、真面目に取り組んだものの、その姿勢に「是非これをやってみたい!」という熱意や、ワクワク感がそれほどなかったとしたら?

本来、幼い子どもにとっての日々の暮らしは「ワクワクする学びの宝庫」です。そのワクワク感を育てる種まきを是非とも大事にしてください。

せっかく聡明な頭脳を持ちながら、その頭脳を使い「自分自身のために、意味のある、有意義で豊かな人生を歩むための発想や意志」を日々の暮らしの中で育んでもらえなかった太郎君。親が常にすべきことを与え、課し、成果をだしてきた「自慢の息子」の太郎君。自分でも「優秀な人材」に育ったと思っていた彼の「これから」に期待したいです。