「私立」と「公立」の違いとは

私立小学校受験の準備にしっかり取り組むためには、まずは「そもそも私立小学校とは?」ということを理解しなくてはなりません。近年では小学校受験を思い立った途端に「とりあえず準備を始めなきゃ!」とお考えになるご両親があまりにも多いですが、それは順番が違います。

「私立」と「公立」の根本的な違いとは?

日本では教育を受けることは「義務」ですから、子ども達が就学年齢に達すると、居住地域の市町村から「あなたのお子さんは、○○小学校に入学してください」と就学通知が各家庭に届きます。「公立」の小学校とは、就学年齢に達した同じ地域に住む子ども達が学ぶための施設です。そこで教える先生方も、同じく地域の行政機関から各学校に配属され、一定の期間が終了すれば、別の学校に転勤をします。これが簡略化した公立小学校の仕組みです。

一方、「私立」の小学校とは、都道府県、市町村の行政区域とは関係なく設立された小学校です。私立で学ぶ子ども達とは、行政機関により居住地域の指定された小学校に通うことを辞退し、各家庭の希望によって学ぶ学校を選択し、入学許可をいただき、そしてその学校で学びます。つまり、私立小学校とはそれぞれの居住地域に関係なく、たとえ通学に時間を要しても「是非、この学校で学ばせたい」という強い意志を持った家庭の子ども達が集まり、そこで教える先生方もまた公的な組織には関係なく「是非この学校で教えたい」という意志を持って集まり、多くが定年までの長い年月、その学校で教師生活を送る教育環境、ということです。

そして、一つ一つの私立校にはその学校を創立した「人」や「宗教団体」や「企業」の建学の高い志と精神が存在し、掲げた教育理念に基づいた人間教育が行われています。

このように定義してみると、同じように「小学校」と呼ばれる施設でありながら、公立校と私立校には根本的な大きな違いがあるという亊をあらためて実感していただけるでしょう。

私立小学校は「環境」です

私立小学校とは「学業を修める場」である以上に、敢えてそこで学ぶことを希望した家庭の子ども達が、一日の大半を過ごす「環境」です。学業そのものを軽んじている学校など一校もありません。しかし、決して学業だけに留まらず、学校創立者の教育理念、目指すべき方向等々、しっかりとその思いを守り、次の時代に継承をしいくのが私立校です。

条件的には、男女共学、男女別学校、小中高の一貫校、宗教色のある学校等、いろいろな小学校の形態がありますが、そこでは文部科学省によって決められた各学年の指導要項を最低限守りながらも、それぞれの学校の教育方針に基づき、色濃い特色のある初等教育が行われています。

たとえば・・・

・昨今の外国語教育の高まりからではなく、もう何十年前から外国語教育に力を入れている学校
・市販の教材はほとんど使わず、先生方の手作り教材を使う学校
・年間を通して温水プールの授業があるという体育に力を入れている学校
・道徳の授業の替わりに「宗教」の授業を持っている学校
・学校外での授業を頻繁に行う校外学習に力を入れる学校

このように、私立の小学校は様々な特色を備えているのです。

多感な子ども時代を過ごす小学校は、人格形成の上で大きく影響を持ちます。 その重要性を親はしっかりと理解していなければなりません。決して、安易に「○○さんがいい学校だと言っていたから」「有名な学校だから」というような選び方をしてはいけません。「どういう学校(環境)なのか?」をしっかりと理解することが重要です。

学校が「子どもの育つ環境」でることを忘れてはいけません。

どんな子ども達と一緒に、どんな先生方に囲まれて、どういう雰囲気の中で、どのような教育のもと、日々を送るか。