首都圏だけの「特殊」な事情

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、この4つの都県にいったい何校の小学校があるでしょう?そして、その中に何校の私立小学校があるでしょう?じつは首都圏の4都県には私立の小学校だけでも、約90校もあるのです。地方と首都圏とでは、こんなにも学校事情が違うのです。

小学校は選べるの?

首都圏には、私立、公立ともに、大変数多くの学校があります。まずここが第一のポイントです。学校の数が多いからこそ、そこに「どんな小学校にするのか?」という選択肢が生まれます。首都圏以外の大都市、大阪、名古屋、福岡、札幌でも、首都圏、特に東京都、神奈川県ほど私立小学校の数はありません。これがそもそも、地方とは全く違った「学校事情」が首都圏にはある、ということなのです。

たとえば、とっても特別なお客様のある日のために、あなたは家をきれいにし、こだわりを持っておもてなしをしたい。そこで、あなたは新しい花瓶を買って、お花を飾ることに決めました。お花は吟味して選びました。そして、今度はその花を美しく活けるために花瓶を選びます。あなたが贔屓にしているお店に、素敵な花瓶がちょうど「1つ」ありました。あなたは迷わず、自動的にそれを選び、そこに花を活けますね。

しかし、もしそのお店に「青と赤と黄と緑」「AとBとCとD」と、いろいろな種類の花瓶があったとしたら?きっとあなたは、その花瓶の色や形、価格、諸々のことを比べ、また、あなたが選んだお花に一番似合うものはどれだろうか?と一生懸命に考えながら花瓶を選ぶことになるでしょう。

選ぶ時の条件は、あなたの好み、お花とのフィット感、そして価格も大事です。こんなふうに考えていくと、だんだんと選択肢が狭まっていき、とうとう最後には、「たった1つ」の花瓶を選び出します。

このお話を、こんなふうに考えてみてください。お花は「我が子」、たった1つだけあった花瓶が「地方の小学校」、たくさん選択肢のあった花瓶が「首都圏の小学校」というわけです。

もちろん、地方にも知名度の高い名門校と呼ばれる伝統校はあります。例えば、兵庫県の灘、福岡県の久留米大附設、鹿児島県、北海道のラサール、愛媛県の愛光、京都府の洛星、奈良県の東大寺学園など、伝統ある名門校はあります。 しかし、これらは小学校ではなく、中学高等学校であり、名門である所以は名門大学への進学率であったり、偏差値の高さであったり、わかりやすい「数値的な」バロメーターであると言えるでしょう。

かろうじて、地方にも大学の付属校としての私立小学校はありますが、そういう小学校の人気の高さは、やはり大抵が「大学まで進学しやすい」ということがメイン。首都圏の私立小学校のように、小学校そのものの人気、小学校から高校までの一貫教育環境としての素晴らしさ、というような人気の理由はほとんど見あたりません。

私立小学校にも「いろいろ」ある

首都圏には、偏差値の高さや、大学の付属だというだけの理由ではなく、小学校そのもの、小学校から高校までの一貫校としての私立校で、「格式と伝統を持った多くの学校」が存在しているのです。

それぞれの学校には創立者がいて、建学の精神があり、それを柱に教育が行われています。いろいろな修道会を母体にしたカトリック校もあれば、プロテスタント校もあります。お寺や一つの宗派を母体にした仏教の学校もありますし、創立者の教育理念に則った無宗教の学校もあります。男子校、女子校、共学校、小学校しかない学校、小中の一貫校、小中高の一貫校、幼稚園から大学まである大きな学校法人が母体の学校もあります。それぞれの学校には、それぞれの色合い、空気があり、伝統校の場合には、何十年も脈々とその伝統を受け継ぎ、比較的新しい学校は、改革を重ねてより良い教育を求めているでしょう。

首都圏の私立小学校の真の存在意義を理解するためには、両親がご自身の受けた教育、育った背景だけを「我が子の教育を考える時のスタンダード」としていては、首都圏の私立小学校というものはなかなか理解できないでしょう。「僕の小学校は、こんな風ではなかった」「私の学校は、~で素敵だった」と、狭い視野だけで判断しているようでは、首都圏での教育事情にはフィットできません。

いかがでしょうか。これで少しでも首都圏の私立小学校が、非常に特殊な趣を持っている、ということがおわかりいただけたでしょう。